<< あけましておめでとうございます | main | 正月前の撮影分 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
初日の出
お待たせしました。。。初日の出旅行の報告です。
京葉線の終夜臨時列車で行き、中央線の高尾行きで新宿まで。

各駅停車のE233系はこういうときしか見れませんね。
そして新宿に1時50分ごろに到着。そして各初日の出号が出発する7番線ホームへ。

犬吠初日の出号の表示が「JR」で済まされてる…。外房初日の出号はきちんと出ています。すでにホームは初日の出客と鉄道マニアで賑わっていました。

今年もE257系で運転された犬吠初日の出号。M−105編成。あまりに撮影者が多く、撮影時間も短かったため、こんな写真しか撮れませんでした…。

全車丸ごと指定席の列車が今年も全席満席。E257系で成田線を走るのが珍しくて人気なのか犬吠埼の初日の出が
人気なのか…。

そして飲食物の調達をするため一回7番線ホームを出て…。快速の表示も出てきました。
今年は特急の方ではなく、快速の方で行きます。

特急外房初日の出1号到着。ホームには長い行列が所々できていましたが、どうやら特急の列ではなく次の快速の列だった様子…。なので急いで快速の列に並びました。(汗)
特急は自由席ガラガラ。指定席・グリーン車は満席で発車しました。

特急が発車した10分後くらいに快速が入線。そして乗車。

新宿だけで自由席は結構埋まり、秋葉原・錦糸町では立ち席の方も多くなりました。無料な分やはり人気ですね。
千葉駅に到着すると駅員がこの列車に乗ってる人に向けて「あけましておめでとうございます。」と書かれた看板を持って手を振っていました。あまりに急だったので写真は撮れませんでしたが…。
蘇我を出て、外房線に入りました。183系に乗って外房線に入るのは何年振りのことだろうか。夜ということから一昔前のホームタウンわかしお号に乗ったような気分がまた味わえました。
茂原に到着。まだまだ立ち席の人も減らず…。大原でやっと立ち席が無くなったという感じでした。
そして5時50分に太海到着。乗客の三分の一くらいがここで降りました。

真っ暗ですね…。

1年振りに降りた太海駅。やはり寒くて暗い。改札に向かうと清算の方で行列ができていました。

太海駅舎。地図を駅員から貰い、ここから歩きます。

町を歩いてると「よしのや」と光る看板がありました。どうやら宿のようです。牛丼屋
では無いのですね(苦笑)。

去年とは別の場所で日の出を待ちます。太海フラワー磯釣りセンター前です。既に結構多くの人がいました。今回は雲が少なくて何よりです。

いよいよです。

出てきました!

7時00分頃、完全に出ました。素晴らしい絵になりましたね。

日の出を撮り終え、太海フラワー磯釣りセンターでお土産を買い、お餅つきを見物して太海駅に向かいます。

戻ってきました。帰りは快速外房初日の出82号で安房鴨川まで乗車して安房鴨川駅で一回、改札を出て飲食物の調達をしました。

ちなみに快速のグリーン車に友達が乗っていました(笑)。彼は正月パスを使っていて、これから新幹線に乗るために上京し・・・まだまだ旅が続くみたいです。

再び安房鴨川駅に戻り、9時39分発のわかしお10号で帰宅することにしました。

安房鴨川〜勝浦間この車両には5、6人程度しか乗っていませんでした。

アップルティーを飲みながら車窓を眺め…だんだん眠くなる… ですが寝てしまうと東京
まで寝過ごしてしまうかも…必死に寝ないようにしました(苦笑)。
茂原で結構多くの乗客が乗ってきて静かだった車内も賑やかになりました。
茂原あたりまで来るとあと少し…
そしてなんとか寝過ごすことなく無事帰宅できました。
(寝ぼけるときにこの記事を作成したためか誤字脱字がかなりあったため、1/7に編集。読みにくい記事ですいませんでした。m(__)m)
| トラベル | 23:10 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

くるはな

ブログペット

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINKS